細部までこだわれるフルオーダー

住宅には注文住宅と建売住宅があり、注文住宅なら注文者の希望を取り入れた住宅を建てられます。注文住宅にもいくつかの種類があり、よりこだわりたいのであればフルオーダーで建てると良いかも知れません。フルオーダーの注文住宅は一から設計をして部品も一から作ってもらって建てていきます。時間も費用もそれなりにかかりますが、世界に二つとない自分たちの理想が詰まった住宅を建てられるメリットがあります。家族それぞれ身長が違っていたり体が不自由な高齢者がいたりなど、求める住みやすさに違いがあるかもしれません。フルオーダーであれば1センチどころか1ミリ単位で作ってもらえるので、住み心地満点の家を建てられるでしょう。予算があるならコストも考えながら設計してもらうと良いでしょう。

手軽に理想の家が手に入るセミオーダー

建売住宅や分譲マンションは間取りなどが既に決まっていて、購入するときは一定の妥協が必要になります。注文住宅は理想を形にできるので建てたいと思う人は多いですが、建売住宅に比べるとコストがかかるからと諦める人もいるようです。注文住宅の中にはセミオーダーで建てられるものがあり、意外に安く建てられる時もあるので検討すると良いでしょう。セミオーダーの注文住宅は大まかな設計が決まっていて多少の変更が加えられるようになっており、間取りを変更したり設備を変更したりして自分たちの理想に近づけられます。大まかな設計によって決まっている部分は共通の材料を使うので、一から材料を作るのに比べるとかなり安い費用で建てられるでしょう。

一戸建て住宅を新築する際には、近所と将来的に騒音トラブルに発展する事態が起こらないようにする必要があります。浴室などの騒音が起きやすい部屋は、近隣住宅の近くの場所に配置しないなどの工夫が必要です。