理想が実現しやすいから

注文住宅のメリットは、間取りや仕様面で自分たちの要望を叶えやすく、理想の住まいをつくれるところです。そのため、打合せに挑む際には、注文住宅関連の雑誌や、インターネットなどで情報を集め、少しでも自分たちの参考になりそうなものがないか探す人も多いのではないでしょうか。雑誌やインターネットに掲載されている写真は、開放的なオープンキッチンや、吹き抜けに設置されたシャープなデザインの階段など、どれもオシャレで魅力的なものばかりです。そのため、頭の中ではどんどん理想の住まいのイメージが膨らんでいき、自分たちの住まいにも反映させようとするようになります。その結果、どうしてもコストが高くなっていってしまうのです。

グレードの高いものも一緒に見てしまうから

注文住宅の打合せの際には、モデルハウスの見学の他に、設備や内装のショールームの見学を行うことが多いです。ショールームでは、平均的な価格帯のものの他に、ハイグレードな設備機器や、内装材ももちろん展示されています。グレードの高いものは見栄えも良く、また、展示方法もオシャレでスタイリッシュな雰囲気にされていることも多いため、その気はなくてもつい見てしまいやすいものです。ショールームでは、実物を体感できて、実際にそれを使っているシーンがイメージしやすいため、欲しいという気持ちが芽生えやすいですよね。そのため、せっかくの注文住宅だからということで、つい仕様を変更したり追加を検討したりしやすくなってしまうのです。

分譲住宅は完成済みの住宅を購入する形になるため、入居までの流れが速いスケジュールになりやすく、新しい生活をすぐに開始することが出来ます。