注文住宅のメリット

注文住宅は自分の希望通りにオーダーできるため、世界に一つしかない家を建てることができます。完成した家ではなく、注文住宅を選ぶ利点はあるのでしょうか?ここでは注文住宅のメリットを紹介していきますので、ぜひ参考してください。

自分の好みに合わせて自由に設計できる

注文住宅では、理想の動線をつくることができます。特に、家事動線に優れている家というのは、総じて評価がよいものですが、どの程度のもの、どのような内容のものを求めるかは人それぞれ異なってきます。例えば…

フルオーダー住宅とセミオーダー住宅が選べる

住宅には注文住宅と建売住宅があり、注文住宅なら注文者の希望を取り入れた住宅を建てられます。注文住宅にもいくつかの種類があり、よりこだわりたいのであればフルオーダーで建てると良いかも知れません。フル…

こだわり部分にメリハリをつけて決められる

建売住宅の場合、すでに間取りや家のデザインなどは決まっていて、家が建っているため実際に住むことをイメージしやすかったり、入居まで時間がかからなかったりするというメリットがあります。注文住宅の場合は…

注文住宅は都市近郊がいい

注文住宅は都内までのアクセスがよく、価格が抑えられる都市近郊がいいでしょう。価格が抑えられた分、土地を広くできたり、こだわりの内装に出来たりとメリットが多くあります。

注文住宅のデメリット

完成された住宅を購入する時と違い、注文住宅を建てるには様々な工程が発生します。注文住宅を建てる場合は、良い面と悪い面の両方を把握して検討しましょう。ここでは、注文住宅のデメリットを解説していきます。ぜひ参考にしてください。

土地探しから対応する必要がある

注文住宅は建売住宅と違い、土地から探す必要があるのが難点です。すでに土地を所有している場合は、その手間が省けて楽ですが、土地がない場合にはそうはいきません。土地の特徴として一つ言えるのは、ふたつと…

コストが高くなる

注文住宅のメリットは、間取りや仕様面で自分たちの要望を叶えやすく、理想の住まいをつくれるところです。そのため、打合せに挑む際には、注文住宅関連の雑誌や、インターネットなどで情報を集め、少しでも自分…

完成までに時間がかかる

着工までにはかなりの時間を要する

着工するまでには、施工会社との打ち合わせなどでかなりの時間が必要になってきます。まずは、間取りの打合せから始まり、見積りと照らし合わせながら修正を行い、確定させていきます。さらに、設備や内装、電気配線などに関して、詳細打合せも行います。時には設備や内装のショールームに足を運んで見学したりすることもあり、複数のメーカーを比較検討しながら決定していくため、何度も打合せを重ねていくのです。並行して、間取りが確定したら、各種図面や書類を揃えて、建築確認の申請を行います。申請には、だいたい三週間程度かかります。そして、無事に確認済証が交付されたら、ようやく着工できるようになるのです。そのため、着工できるようになるまでには数カ月もの期間が必要になってきます。

工期は施工会社によって異なる

大手のハウスメーカーに依頼した場合、工期の目安は三カ月から四カ月程度となります。各社共に標準仕様などを定めており、効率的に進んでいきますが、それでも数カ月を要します。木造以外に、ツーバイフォーや軽量鉄骨など、工法によっても工期は異なってくるため、注意が必要です。そして、ローコスト系のハウスメーカーの場合は、工期を短くして人件費を抑えるために、建築現場での作業を少なくする工夫を行っています。そのため、工期は二カ月から三か月程度と、短くなります。反対に、工務店や設計事務所に依頼する場合は、工期が長くなります。四か月から、長い場合は半年程度かかることもあります。こだわりがたくさん詰まった、完全オーダーメイドの家をつくるには、それなりの工期が必要になってくるのです。